不動産仲介手数料のしくみ

マンションでも土地でも一戸建てでも、売買・貸借するときは仲介業者に相談するのが普通です。不動産仲介手数料とは、媒介手数料とも呼ばれ、宅地建物取引業者などの不動産会社を介して不動産を売買、貸借したときに発生する料金のことをいいます。あくまで契約が成立したときのみに支払われるもの(成功報酬)なので、相談はしたが結局やめてしまった際などは請求されません。契約が有効に成立した場合のみとなっているため、途中で契約が無効になった場合も請求されることはありません。また、宅建業者以外が不動産仲介手数料を請求することは違法です。

不動産仲介手数料の請求の仕方は色々ありますが、「契約成立時に半分、取引の終了時に残りの半分」のパターンが基本です。「引き渡し完了時に全額請求」する場合もあります。請求方法は事前に確認しておいた方が良いでしょう。

不動産仲介手数料は宅建業法で上限が定められています。400万円以上の物件の仲介手数料は、基本的に{物件価格の3.15%+6万3000円}です。例えば3000万円の物件の売買が成立した場合の仲介手数料は、(3000×0.0315+6万3000円=)100万8000円になります。400万円未満の物件の場合は計算方法が若干異なります。この金額を超えなければ良いという話なので、具体的な価格の選定は不動産会社の自由です。仲介手数料が無料になる場合もあります。しかし、上限額が全て一律であるかのように説明してきたり上限額を超える手数料を請求してくる仲介業者がいれば、それは違反なので気を付けましょう。



⇓管理人推奨サイト
中古マンションなどの不動産仲介手数料が無料の物件を探すには、
こちらのようなポータルサイトが参考になります ⇒ 中古マンション